涙をとどけて
涙をとどけて (JUGEMレビュー »)
トータス松本,Otis Redding,Steve Cropper,伊藤銀次
COUNT
tuna.be
BLOG LIST
music
OT
ジャニーズと音楽をこよなく愛しています。
V6岡田准一クンと関ジャニ∞・NEWS錦戸亮クンをジャニーズの中でも、特に応援中。
一番好きなミュージシャンは、奥田民生でUNICORN時代から応援中。
彼ら3人のことを中心に、ジャニーズや音楽など興味のあるものについて、
時には愛を時には密という名の毒をささやきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
蘇えったUNICORN@山形初日
 1992年SFWツアー仙台公演以来のユニコーン五人の再始動ツアー初日山形に行ってきました。
ラストライブとなった4946沖縄も行ったけど、川西さんが既に脱退していたからね。
年が明けて、メディアに出まくりだったユニコーンだったけど、会場に着いてもこれは現実なんだろうかとなんだか妙に落ち着いていた。
だけど、暗転した時の感じたことのない感情は忘れられない。
以下、セトリとともにネタバレ含む感想です。
♪01:ひまわり
幕にシルエットが映し出され、姿が見えないまま始まるこの演出やばかった。
1音聴こえた瞬間涙が溢れ、涙しながらも幕がおりるまでは本当に五人がそこにいるんだろうかとか思ったり…幕がおり五人の姿を見て号泣でした。
幕が下りた時の歓声が待ち侘びた皆の気持ちをあらわしているようでした。

♪02:スカイハイ
2曲目も涙で、五人がそこにいることを確認するので精一杯で、ただただ泣きながら五人それぞれの顔を交互にひたすら見ていました。

♪03:おかしな二人
あんなに涙していたのに、イントロかかった瞬間ピタリと止まり、狂気乱舞。
だってーーーーー民生のハンドマイクーーーーーO(≧∇≦)o
やばいよ。
かっこよ過ぎでしょう!

ここで小MC。
民生『こんばんはユニコーンです』と挨拶。
ユニコーンですと言ったことに感動。
阿部Bの故郷ということでと紹介されて話す阿部B『そっち見てるとね、結構泣けて来るんだよね。』との言葉にまたまた泣けてきました。
『今日に向けて1年以上かけて準備をしてきて、やっと初日を向かえたなと思って、今日はとてもいい1日にしたいと僕達も思っているので、ひとつよろしくお願いします』にさらに涙。

♪04:ボルボレロ
EBIくんの歌い方と髪の長さが、顔は全然違うのに武田鉄矢にみえて仕方なかったけど、そんなEBIくんが堪らなくかわいかった。
やっぱりユニコーンのビジュアル担当ですわ。
確かこの曲で、一人のお客さんにマイク向けて歌わせた気がします。

♪05:ペケペケ
イントロ流れた時の歓声が、昔の曲の時はやっぱり皆大きい(笑)
EBI→民生の二人で歌うのがあーホントにユニコーンだと、実感。
ここでEBIくんの挨拶。
『帰ってきたぜぃ』というもなんて言ってるかわからないと民生につっこまれておりました。
『よく五人集まったよ。元気でよかった。』に頷きまくりでした。

♪06:素浪人ファーストアウト
これ歌ってる時後ろの画面に、昔の映像が一人ずつ写って、その度に歓声があがり、民生歌ってるのに耐えられなくなり、笑って『うるさいわ』と言ってました(笑)

♪07:オッサンマーチ
出た〜。テッシー!!
唯一のテッシーVocal曲です。
アルバム聴いた時から、これ大好きです。ライブで聴いたら、なおさら。
ここでテッシーの挨拶。
『こんばんは。山形の方もそうじゃない方もお元気でしょうか』という堅い挨拶で始まり、『今日が初日なのに既に息を切らしております。平均年齢が44.4歳。でも元気です』と(笑)

♪08:キミトデカケタ
キターO(≧∇≦)o川西さん!!
この人の独特な曲調と声、まさに川西ワールドが昔から大好き。
そして、川西さんが歌う=ドラムが民生☆これがまた大好物で。
ギター以外の楽器をやってる時の民生が好き過ぎる。滅多にないからこそだけどね。
これこそユニコーンの醍醐味のひとつ。

♪09:ロック幸せ
オハヨー(゜▽゜)/
何度聞いても大好きよ。
川西さん天才って思うもん。
途中、川西マリオ、メンバーそれぞれのマリオが画面に出て、それと同じ動きをしてる川西さんが可愛かった。

♪10:AUTUMN LEAVES
メガネ男子キター。
あんまりかっこよくて思わず、キャーって言っちゃったもんf^_^;

♪11:デーゲーム
五人でやってるところを見ながら、二郎さんの顔が浮かんできたよ。

MC
ここでのMCは、ジャンケンで決めることにしたらしく、おもむろにジャンケンし始める五人。
結果阿部Bに。
『山形の初日はチケット争奪戦が凄かったそうですね。皆さんおめでとうございます。凄いね。どうやって取ったの?』と。客がマチマチに答えるも何言ってるかもわからないと。
私はジェスチャーでアピってました(苦笑)
で、阿部Bのダジャレが始まったとこで強引にカウントをとる川西さん(笑)

♪12:最後の日
アルバムで聴いた時から好きだけど、やっぱりいいです!
私の民生の歌い方のツボが満載曲で、萌え死にました。

♪13:PTA
イヤーマイク?装着して、歌う訳ですが、民生のドアップ映像が映し出され…いい表情過ぎて大笑い。
ラッパー川西さんとEBIくんが登場し、グッズを客に大盤振る舞い。
私は取れる場所じゃなかったけど、お友達がゲットするところを目撃!
サビ部分は皆で大合唱。
後ろ画面に星空みたいなのがうつってて最後に流れ星のようだったのはこの曲だったかな?

♪14:WAO!
飛んだよ!狂ったよ!WAO!WAO!言ったよ!
やっぱり楽しい。
さすが盛り上げ隊長阿部B☆

♪15:BLACKTIGER
この川西さん曲を海老が歌う感じたまらん。
やっぱり川西曲好きだわ。海老さん、犬声も健在でした。
てぃ〜♪

16:R&R IS NO DEAD
ライブの醍醐味のひとつ、CDで聴いた時はピンとこなくてもライブで聴くことで好きになることがある。
それがまさにこの曲だった。阿部Bの魂の叫び揺さぶられました。
ソロワークを経ての深みが加わりやばかった。
そして途中から重なる民生の声。
二人の叫びに鳥肌でした。
17:サラウンド
今の五人が奏でる音が心地良すぎることに気づく。
最初から体に馴染むぴったりとした音。
CD以上に今のユニコーンの色を感じた。
平和の〜♪のくだりがたまらなく胸をシメツケル。

MC『ぱっと見だけでもなんだかわからない年齢で』と、年齢ネタも出て。
『皆さん立派になったもんだ。体に気をつけて。』
民生も気をつけての客の声に、『俺達はもう気をつけてる』とおっしゃっておりました(笑)

♪18:大迷惑
もうね、燃え尽きましたよ。
ハンドマイクで動き回る、歌いまくる民生がたまらない。
生きててよかった。
またこれが見られるなんて。

♪19:ヒゲとボイン
もう前曲の大迷惑で、ヨロヨロしながらも、五人でまたライブをやってるという喜びが体中から湧き出てきました。
山形〜、ありがとう〜と叫ぶ民生に、こっちがありがとうだよと。

♪20:車も電話もないけれど
これもハンドマイク曲。
ここにきてこれ。ぐっときて、涙が汗と一緒になってもうぐちゃぐちゃでした。聴き終わって放心状態でいたら、シーンとなったのか、『なんだ体力ないな』と言われましたがf^_^;

♪21:HELLO
これぞ今のユニコーンの音、技術、魂全て入ってた。CDより、TVよりも五人の演奏に聞き惚れる。
こんな五人をいつまでも見ていたい、今一緒にいられることの幸せ、そんなことを感じてました。
民生のギタープレイもよかったけど、それ以上に川西さんのドラムを叩く姿が目に焼き付いて離れない。

本編終了。

♪EN1-01:人生は上々だ〜CSA改めSMA〜人生は上々だ ここからは、阿部Bショーの始まり。
相変わらず長いです(笑)グダグダ感もありつつ、定番の『盛り上がっているのか』『イェーイ』『盛り上がっていないのか』『シーン』は、初日にも関わらず、息ぴったりで、阿部Bが凄く嬉しそうに『さすが倍率を勝ち抜いてきただけあるな』と言ってくれたのが嬉しかったなぁ。
『そして死ぬまでやっていいのか』にはやって〜で帰すとやらしいなぁと(笑)(ちなみに2日目は、罠にはまったお客さんが多くあれ?そんなにいうのかみたいな顔してた)

銀と赤のテープが飛びだし、阿部Bも客席におり恒例のもみくちゃに。
アンコ1が終わり、もうぐったりでした。

EN2-01:すばらしい日々
16年前沖縄で聴いたすばらしい日々は、解散は発表されていなかったけれど、川西さんもいないし、もうユニコーンには会えないんじゃないかという 不安ばかりが大きくて…という記憶があったんだけど、初日に聴いたすばらしい日々は、これからも続いていく、それを感じられる曲に変わってました。

初日は興奮し過ぎてて、あまり詳細は覚えていないけど、とにかくそこにユニコーンはいました。
そしてビジュアルもTVと違って←ヲイ。とにかく皆かっこよすぎました。
これから参戦の皆様、彼ら五人間違いないです。
残念ながら参戦できない方々も、きっとDVD発売されると思うのでお楽しみに。(←多分なので違ったらごめんなさい)

おかえり、ユニコーン。
ありがとう、ユニコーン。

20090305@山形県県民会館
*ライブレポ? / 01:49 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / 01:49 / - / -
comment*





この記事のトラックバックURL

<< Next   /   Prev >>
profile
calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
archives
categories
selected entries
new entries
comment
link
sponsor
others